【1年交換】日産キックスe-POWER(P15)のエアコンフィルター取り外し方、交換方法の紹介

日産キックスのフィルター交換の仕方をまとめました。

ディーラーで1年点検をしてもらったところ、『エアコンフィルタの交換時期です』とのことです。
しかし、メンテナンス費用総額23000円と高額でしたので、自分で交換することにしました。

フィルターの種類

日産キックス(P15) エアフィルタ仕様

日産キックスe-POWER P15
エアフィルタの仕様
  • 縦横:216mm、200mm
  • 厚さ:35mm
  • 価格:4,700円(花粉対応タイプ:2,800円)

エアフィルタの性能により、価格変動し、『花粉対応タイプ』で1500円程度、高性能タイプは3,000~5,000円で購入できます。

日産キックスe-POWER P15の車用エアフィルタは、AY685-NS032を参考にするとよいです。

パシフィック工業株式会社の商品ページに日産キックスe-POWER P15の車用エアフィルタの詳細情報が記載されています。
エイケン工業株式会社の商品ページにも同じような情報が記載されていました。

上記の情報をもとに、『デンソー』のエアフィルター適合表を見てみたところ、型番DCC2002の商品が対応しているようですが、、、サイズが少し大きめ、購入はお勧めできないです。

Amazonでは寸法情報がない商品が非常に多く探すのにとても苦労しました。

たいてい厚さが3.0mmなのでキックスの純正フィルタ厚さ3.5mmには及ばないですが、厚さが足りなくても縦横の寸法がおおよそ同じであれば問題ありません。隙間がないように入れ込めるかが重要です。

おすすめのエアフィルタ3選

『花粉対応タイプ、高性能タイプ』エアフィルタ(PIAA)

PIAAのEVP.A1の適合表から、寸法は214(縦),197(横),24(厚さ)mmでしたのでハマると思います。コンフォートタイプの2層式と高性能タイプの3層式があるので、アレルギーがある人は高性能を選んだほうがいいと思います。

『コンフォートタイプの2層式』は1500円、『高性能タイプの3層式』は3,000円です。

PIAAのEVC.N1の適合表から、寸法は216(縦),190(横),30(厚さ)mmでしたのでハマると思いますが、やや横寸法が小さいです。縦横の寸法が小さいと、流動抵抗の小さい隙間からどんどん空気が流れてしまうので、熱さよりも縦横の寸法ができるだけあっているフィルターがおすすめです

『花粉対応タイプ』エアフィルタ(Powerworks)

寸法は210(縦),195(横),30(厚さ)mmでしたのでハマると思います。

『花粉対応タイプ』エアフィルタ(MOSTER SPORT)

寸法は214(縦),198(横),29(厚さ)mmでしたのでハマると思います。ほぼぴったりです

エアフィルタ以外の空調関連商品

わさびデェール

わさびデェールは、日産公式HPでも紹介されています。消臭効果と抗菌効果があるようですが、抗菌は菌の繁殖を抑える作用のことを示すため、既に菌が繁殖しているようであれば、事前にエアコンダクト内を洗浄しておいたほうが良いです。
『花粉対応タイプ』に加えて、わさびデェールを加えれば、徹底した消臭効果が期待できます

フィルター交換の仕方

フィルター交換について紹介します。フィルターは車両前方の中央に配置されていまして、助手席側の足元から取り外し可能です。

コンソールのサイドパネルで蓋されているので、まずはサイドパネルの取外しです。奥に青いピンがあり、まずその青ピンから外します。その後、工具を用いて手前の爪を外していきます。

サイドパネル構造はこんな感じです。

サイドパネルを外したイメージ画像です。中身が見えると少し萎えますね。車体パネルも丸見えです。

爪のメスの位置はこんな感じです。

足元奥の方(中央側)に頭を入れて覗いてみると白いバーのような部品があります。上に取手がついていまして引張ると分解できます。

この蓋の部品には、上下に爪はついていました。

フィルターの取り出し方ですが、端部を摘んで引張ると取り出しやすいです。

フィルターは蛇腹になっています。これはフィルタリング表面積を増やすためです。このようなフィルター形状はケミカルフィルターと検索すると出てきます。繊維表面は繊維ー繊維をくっつけるバインダーなのか、消臭剤なのかわかりませんが、なにか付着しているようでした。使って3ヶ月経ちますがホコリや汚れはなかったです。

フィルターには向きがあります。理由はわかりませんが、片側撥水コーティングしている可能性があるため、入れ間違えないようにしましょう

タイトルとURLをコピーしました