3月頃に車に付着する汚れの正体とその対策(花粉)

3月に入り、車が異常に汚れます。その原因は花粉だと思われますが、今回は、その汚れ具合と対策を紹介します。

フロントガラスまわりの汚れ

日産キックスe-POWERのフロントガラスに付着した花粉

フロントウィンドウのワイパーを持ち上げると、花粉が溜まっていました。この状態のままワイピングすると、ワイパーゴムの劣化につながります。

拡大してみてみると、かなり汚れが堆積していることがわかります。

この時期は、ワイパーブレードを立てておいて、花粉が堆積しないようにしたほうが好ましいですね。

フロントウィンドウにゴミが溜まると視界が悪くなることにつながり、また、放置するとゴミを除去しづらくなるので、個人的におすすめは、ウォッシャー液です。

私が愛用しているウォッシャー液は、超純水のウォッシャー液で、これなら、きれいにウォッシャー液を拭き取らなくても、純粋なので水跡がつきません。なので、内装を掃除する際も、スプレーを使ってふき取り掃除にも活用しています。

あと、普通の水をウォッシャー液として使用すると冬に凍ってしまい、ウォッシャータンクが破損してしまう可能性がありますが、このウォッシャー液は―30℃まで凍りません。余計なケアがいらないのは便利だと思っています。

ウォッシャー液はなんでもいいから安いのでという方であれば、KYKのウォッシャー液でもよいと思います。2Lも入っています。

ボンネット

3月になるときまって、こんな跡がボンネットに残ります。斑点模様が目立つので、カッコ悪いんですよね、、、

私が日頃行っているメンテナンスの延長ですが、撥水コーティングをすれば、気持ち汚れが落ちやすいです。

私はシュアラスターのコーティング剤を使用していて、濡れた状態でも使えるので、洗車してすぐに吹きかけてコーティングしていますが、コーティング後はツルツルです。手で触っていただけるとよくわかると思います。

ついてしまう汚れは仕方がないので、ひとまず汚れを落としやすくすることも対策につながると考えています。

バックウィンドウ

念のため、バックウィンドウも見てみたら、予想通りかなり汚れていました。黒い部分は汚れがかなり目立ちますね。。。

こればっかりは、日々の洗車をするべきか、カーカバーをつけるべきかと思います。

カーカバーを購入するのであれば、以下のような防風ベルトついているカバーがおすすめです。理由としては、以前購入したカーカバーが強風で負荷を受けて、カーカバーの締め付け部が裂けてしまったためです。

タイトルとURLをコピーしました