一度使うと手放せない!日産キックスの高画素インテリジェントルームミラーの使い方(切り替えレバーなど)

インテリジェントルームミラーカメラ切り替え日産キックスe-POWER

キックスに採用されているインテリジェントルームミラーについて機能と使い方をご紹介します。

ざっくりどんなメリットがあるのか

インテリジェントルームミラーのメリット

  • 高画質なので50mまで後ろがくっきり見える
  • モニターなので後ろの人と目が合わない
  • 夜間走行中、後ろからの光が反射してこない(防眩)

キックスに採用されたインテリジェントルームミラー

キックスに採用されたインテリジェントルームミラーは、より先進性を増した設計となっています。
簡単に言うと、画素数が多くなり、夜間でも鮮明に後方を見ることができます。

・ ディスプレイの高解像度化163ppi(従来品:100ppi)
・ 夜間視野性を向上させるダイナミックレンジ120dB(従来品:100dB)
・ F2.0レンズの搭載(従来品:F2.8)
・ 2メガピクセルカメラ搭載

インテリジェントルームミラーの使い方

インテリジェントルームミラーの使い方は簡単です。

以下の画像のON/OFFレバーを手前に引くとONになり、後方をカメラで映します。

少し固いのではじめはレバーが折れないか不安になりましたが、日々使っているとちょうどよい固さだと感じれる固さになっています。

インテリジェントルームミラー

また、画面上のCameraの文字の下にあるボタンを押すと、ミラーにアラウンドビューモニターを表示させることができます。

後方視界を広げることができるため、より安全に後方を確認することができます。

アラウンドビューモニターだけでバックすると車両近傍しか見れないので、ミラーで遠方まで確認したくなるのですが、インテリジェントルームミラーなら、そんな不安も解消できます。

インテリジェントルームミラーカメラ切り替え

また、眩しいときモニターに切り替えすると防眩可能となり、眩しくなくなります。光の反射が目に入らず、ただモニターが白くなるだけなので、防眩となります。

タイトルとURLをコピーしました