バッテリーがあがってしまったら、、、【日産キックスe-POWER】

日産キックスe-POWERの12Vバッテリーの+-端子場所を紹介します。私の車がバッテリー上がりをしたわけではないですが、近隣の方でバッテリーが上がってしまい、その対応をしました。

しかし、オーナーズマニュアルを見ても – 端子の場所がよくわからなかったので、本記事でまとめました。

概要

ボンネットを開けてみると、e-POWERの+-端子はこのような位置に配置されています。通常のバッテリーは、こんなに+と-の端子が離れていることはないのですが、最近の車はわかりづらいですね。

日産キックスe-POWERのバッテリー端子の場所

日産キックスe-POWERは、ブースターケーブルがついていないので、必要に応じて購入してください。12V、120Aのブースターケーブルであれば使用できます(実績あり)。

ちなみに、オートバックスへ行って見つけたのですが、ポータブル式のジャンプスターターと呼ばれるものがありました。これがあれば近くの人の車のバッテリーをお借りすることなく、バッテリーを復活できます。オートバックスでは10,000円くらいしますが、Amazonなら7,000円程度で購入できるみたいです。

スマホの充電にも使えるみたいなので、おすすめです。以下は12Vで日産キックスe-POWERでも使えます。

手順

日産キックスe-POWERのバッテリー端子接続手順
  • STEP1
    故障車両のバッテリーの+端子に、ブースターケーブルのを接続
  • STEP2
    救護車両のバッテリーの+端子に、ブースターケーブルのを接続
  • STEP3
    故障車両のバッテリーの – 端子に、ブースターケーブルの黒を接続

  • STEP4
    救護車両のバッテリーの – 端子に、ブースターケーブルの黒を接続

ケーブルを外す際は、4→3→2→1の逆順で行ってください。

+端子

まず、ヒューズボックスカバーを取り外します。場所は、e-POWERの上に位置していて車両中央にあります。カバーは、サイドのクリップを外すと外せます。

日産キックスe-POWERのヒューズボックスカバー

その後、さらに赤色のカバーがついているので、上のクリップを外して写真のような端子をむき出しにしてください。

日産キックスe-POWERのヒューズボックス

そのむき出しにした+端子にケーブルをつなげてください。

日産キックスe-POWERの12Vバッテリーの+端子の場所

-端子

-端子の場所は、車体部分なのですが、つかみやすい場所がなく困りました(ご覧の通り、ブースターケーブルのつかみ部も大きく、苦戦しました)。写真のように細く出張っている場所があるので、その場所に黒のブースターケーブルをつかませてください。

これでエンジンをかけたところ、無事に故障車両のエンジンがかかりました。

日産キックスe-POWERの-端子の場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました